あなたの時給はいくらですか?

ドキっとする質問ですが、人生の価値はいつもお金に換算できるわけではありません。今日のお話しの原題は「An Hour of Your Time」です。早速見ていきましょう。

Make more money

「あなたの一時間」

一人の男が今日も夜遅く仕事から家に帰り、疲れてイライラしていた。5歳の息子が玄関で彼の帰りを待っているのに気づいた。

「パパ、一つ聞いてもいい?」

「うん、もちろんだよ。いったい何だい?」男は答えた。

「パパ、パパの時給はいくらなの?」

「そんなことお前には関係ないだろ!なんでそんなこと聞くんだ?」男は怒って言った。

「ただ、知りたかったんだ。ねぇ、教えて。パパは一時間いくら稼ぐの?」男の子とは嘆願した。

「どうしても知らないといけないんだったら・・・時給20ドルだよ。」

「えっ!」少年はうつむいた。そしてまた見上げて言った。

「パパ、10ドル借りてもいい?」

父親は激怒した。
「お前がお父さんがいくら稼ぐのか知りたかったのは、たったそれだけのためか?
少しばかしのお金を借りて、くだらないおもちゃか無意味な物を買うためか?
ほら、まっすぐ部屋に戻って寝なさい。考えてみなさい。どうしてそんなに自己中心なのか。
私は毎日、長い間、キツイ仕事をしているんだ。そんな子供のゲームに付き合っている時間はないんだ。」

少年は静かに、自分の部屋に行き、ドアを閉めた。
男は座って、少年の質問に怒りさえ覚え始めていた。
どうしてちょっとのお金が欲しいからってそんな質問が出来るのか。

1時間かそこらして、男は冷静になってきた。
そして息子に対して少し厳しすぎたように思い始めた。

きっと、その10ドルで買える本当に必要なものがあるのかもしれない。それに、あの子はめったにお金をせがんだりしないのだから。

男は少年の部屋のドアのところへ行き、戸を開けた。
「もう寝たかい?」

「いや、パパ、起きてるよ。」少年は答えた。

「さっきはちょっと起こりすぎちゃったな、今日は本当に長い一日だったから、ついお前にあたっちゃったんだ。ほら、10ドルだよ。」

少年は喜んで、身を起こして、「ありがとう、パパ!」
それから、彼の枕の下に腕を伸ばして、いくらかのしわくちゃのお金をひっぱり出した。

男は少年がすでにお金を持っているのを見て、また怒りが込み上げてきた。
少年はゆっくりお金を数え上げ、男を見上げた。

「もういくらか持っているのにどうしてもっと欲しいっていうんだ?」父親はうなった。

「だって、十分はなかったから。でもほら、今は足りるよ。」少年は答えた。

「パパ、ここに20ドルあるよ。これでパパと一時間一緒に過ごせる?」

‐作者不明‐

子供と過ごす一時間はお金に換えられません。そして過ぎた時間は二度と取り戻せません。
もう少しのお金を稼ぐために、子供と過ごす時間を犠牲にしても、その時間は永遠に帰ってこないのです。

「あなたの時給はいくらですか?」

もし、子供に問われたなら何て答えますか?
ちょっとクサイですが、私の時間はPricelessだよって笑って抱きしめてあげましょう。

※このほかにも執事の話シリーズを書いていますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)