Excelでリソース不足の原因と対処法まとめ

以前、Excelで「リソース不足のため、このタスクを完了することができません。」というやつに遭遇したことがありました。これって色々な原因が考えられるものみたいで、なかなか解決に困ったんですよね。

Excel Cell Selection

原因と対処法などまとめておいたら、ざっとチェックリストになって役に立つかと思いまとめてみました。


スポンサーリンク

原因1 実際にメモリ容量が足りない

Excel2003以前だと、実際にメモリ容量の不足により、PCの動きが遅くなっていたりする場合、メモリの増設が一番早い解決策のとなることが多いです。
またExcel2010では(おそらく2007も)100万行を超えるデータが扱えるようになったこともあり大量のデータをコピペしたりすると発生することもあるようです。

参考:サクサクPC

対処法
実際にメモリを増設します。最近はAmazonでも購入できます。

メモリ増設は実施してみれば思ったより簡単ですが、型が合わなかったり、すでにスロットが一杯で増設出来ない場合もありますので、事前によくよく取扱説明書を読みましょう。こちらで分かりやすく解説されています。
メモリーの増設方法

原因2 機能的限界

「メモリ不足です。外部リンクしたまま、値を保存することはできません。」というエラーが出たら

  • Excel98だと以下のケースが疑われます
  • この現象は異なるブックで範囲が約 16,000 以上あるセルに外部リンクを設定しているブックを保存する場合に発生します。Excel 98 は 16,000 以上あるセルを外部参照しているブックを保存することができない為、この現象が発生します。

    対処法
    外部リンクを含むブックを開きます。
    [ツール] メニューの [初期設定] をクリックします。
    [初期設定] 画面にある [計算方法] タブをクリックします。
    [ブック オプション] にある [外部リンク値を保存する] のチェック ボックスをオフにします。

    参考:Microsoft support

  • Excel2002だと、以下の場合に発生することがあるようです。
  • [ブックの保護と共有] 機能が有効になっている。
    [ブックの保護と共有] 機能を構成したときに、ブックを保護するためのパスワードを [パスワード (省略可)] ボックスに入力した。

    対処法
    ・ServicePackを最新にする。
    ・修正プログラムを適用する。

    参考:Microsoft support

  • Excel2003だと以下のケースが疑われます。
  • 非常に大きなセル範囲を参照する数式、または関数を含むブックを保存 する際に発生します。Excel 97 以降バージョンでは 16376 以上、Excel 95 および Excel 95 の場合は 16377 以上のセル範囲を参照する数式を入力した場合、または関数を入力した場合に発生します。

    対処法
    ・参照元のデータを分割し、参照範囲を上記の制限以下に変更します。
    ・別ブックに入力してある数式または関数を参照元ブックに移します。

    参考:Microsoft support

    原因3 不要なデータが残りファイルが肥大化している

    長い間、ファイルを使用しているうちに、マクロやツールバーや、書式など、使っていないゴミデータが残ってしまうこともあります。
    その場合は、一旦シートを新しいブックにコピーして一度保存することであっさり解決したりもします。
    根本的にExcelの構成ファイルを初期化しなければならない時は以下の方法も有効のようです。

    対処法
    C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Local Settings\Temp\の中の、*.emf ファイルを削除
    または
    C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Application Data\Microsoft\Excel\の中から、*.xlb ファイルを削除します。(注意:メニュー等もデフォルトに戻ります)

    原因4 常駐ソフトが沢山リソース食っている

    PCを使用していうるうちにいらないソフトがたくさんインストールされていてメモリを圧迫しているケースがあります。

    対処法
    タスクトレー内の不必要な常駐ソフトを整理(常時起動するのを止めたり、アンインストールしたり)

    その他対処法

    ・エラーチェックツールやデフラグをかけてみる。
    スタート>コンピューター>ハードディスクドライブのCで右クリック>プロパティ>ツールタブから実施できます。

    ・仮想メモリの値を目いっぱい使う
    コントロールパネル>システム>詳細設定>パフォーマンス
    詳細設定>仮想メモリ>変更>カスタムサイズをクリックして
    [初期サイズ]を大きくし、[最大サイズ]を初期サイズ以上にする。

    ・Officeの再インストール

    以上、主な原因と対処法をまとめてみました。チェックリストとしてどうぞ。

    スポンサーリンク


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)