閉じるウェブサイトをバックアップする時の備忘録

こども動画チャンネルを閉じることに決めましたが、そのサイトそのものも作った時の思い出として残しておきたいので
自分が保持しているドメインのどこかにインデックスされない形で放り込んでおこうと思いました。
これまでも試行錯誤してサイトを立ち上げた際のカスタマイズ事例を参考として残すためにずっとやってきた作業ですが、
いざ、Wordpressをガチャガチャ触るのも久しぶりだったので、大分忘れてしまっていて、改めてここでその際の手順を書き残しておこうと思います。

さて、取り急ぎ新品のWordpressファイルを公式からダウンロードするとこからからでしたが、
最近はホストしているサーバーの自動インストールが用意されているものの、通常一つのドメインに対して一つのWordpressというのを想定していますので
今回、私がやるバックアップのように、都度ドメインのサブディレクトリを作ってWordpressをインストールしていかなければなりません。

FTPで早速ダウンロードしたWordpressファイルをアップロードし、いざそのディレクトリにアクセスしても何も表示されません。
wp-config.php にDB情報を記入しないといけないという基本的なことから忘れていましたが、とりあえず、DBは同じドメイン下では共通のものを使いまわしていたので
他のサブディレクトリに同じように保管していたWordpressサイトからコピーして持ってきたところ

はい。ホストしているサーバーのバージョンが最新のWordpressに対応していませんでした。
このサーバーはドメイン契約すると、Wordpressを使用できるサーバーが無料で付いてくるという、現在は新規申し込みを中止ているかなり以前にしようし始めたサーバーということもあって
サービス体制が決して最新のものではありませんでした。
一応確認してみるとこの通り。

ちなみに、同社の有料バージョンのサーバーは確かに最新バージョンに対応していました。

仕方ないので、Wordpressファイル自体をPhp5.3.3に対応している旧バージョンのものを探すことにしました。

リリース


こちらから旧バージョンをダウンロードできます。

改めて一から手順を記すと
Wordpress5.3.3をZip形式でダウンロードして解凍すると
Wordpressというフォルダができるので、フォルダ名をアップロードするディレクトリ名”kodomo-douga”にリネーム。
その後、フォルダ直下にあるwp-config-sample.phpファイルを複製して、wp-config.phpにリネーム。
中にあるDB情報を他のディレクトリにあるwp-config.phpの中身を眺めてコピペする。(ファイルそのものを持ってこないのは、wordpressのバージョンによって若干、情報ファイルの中身に変化があるため)
改めてkodomo-dougaフォルダをFTPで一括アップロード。
再度、該当のディレクトリにアクセスすると

はい。
やっちまいました。PHPのバージョンとWordpressのバージョン間違いwww

この辺の対応表って公式ページでは見つからんかったので、適当にググって参考にさせてもらいました。
https://kaimono-man.site/2019/07/01/post-531/

PHP5.3.3に対応するWordpressは3.2 – 3.9 系ですね。一応、mySQLのバージョンも調べると5.0.77だったので問題なさそうです。

いざWordpress3.9.3で改めてやり直したら

はい。見事Wordpressサイトのデファルト状態がインストールされた?と思ったら、これはこのドメインのルートディレクトリのテーマで表示されている画面ですね。
そもそもログインPWの設定とかしてないし、wp-config.phpを直接設定したのがまずかったと気づき、ひとまず削除して再度アクセスすると。

きました。懐かしの設定画面。ここから開始でしたね。
次の画面に進むと、

はい。だんだん思い出してきました。そういえばDBの接頭語も設定しないとですね。1-4の情報はwp-config.phpにあったので、DBはmySQLから他の保管サイトの命名ルールを確認して、揃えます。

今度はぐんぐん進ん行き、無事最初の立ち上げ画面にたどり着きました。

ここで最後のインデックスしないようにチェックを外しておく。

無事、Wordpressのインストールが成功しました。
そして、デフォルトで用意されているインポート・エクスポートツールでxmlファイルを保管サイトに読み込むと、いい感じに投稿情報が移ってきました。

あとはテーマファイルとpluginを設定すればいけるはずです。

テーマファイルはFTPからDLしてアップし有効化で終わりましたが、以前、トラブルがあって、FTPからアクセスできなくしていたので、街灯のftpaccessファイルを削除してから実施しました。

改めて、いろいろとやってきたなと感じたバックアップでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)