ウェブサイトを閉じるとき

ブログで情報発信しなくなって、随分と歳月が過ぎます。
どんなWEBサイトでも更新を一切しないと、次第にトラフィックは枯れていくものです。

この度、こども動画チャンネルを閉じることとしました。
http://kodomo-douga.info/

このサイトをローンチしたのは2013年のことです。
「こども動画チャンネル」オープンしました

かれこれ8年の期間が過ぎましたが、開設当時は、YOUTUBEに掲載されるコンテンツにもいかがわしいものも多く、決してこどもにとって安全と言えないと親目線ながら感じていたことから
こども向けに上質な動画のキュレーションサイトってニーズがあるのではと思って立ち上げました。

開設当初は、趣旨に賛同いただく親御さんも多かったのか、順調にトラフィックは増え、またリピーターも多いのがこのサイトの特徴でした。

しかしながら、YOUTUBEもいつまでも無法地帯でなく、次第にモラルも醸成されていき、子供にも人気なYOUTUBERも多く出てくるようになり、
自分自身、あえてキュレーションする必要を感じなくなってきて、2017年が最後の更新となっていました。

その後もしりすぼみにトラフィックは減っており、最近は、滞在時間も減っているのが見受けられたことから、
このサイトの一定の役目を終えたと判断しました。

自分自身、我が子に動画を見せる際も直接YOUTUBEで検索するし、関連動画も秀逸なものがサジェストされてきます。
あえて、最近でも使う機会があるとすれば、昔、発見した良質な動画を覚えているが、YOUTUBEで検索してもすぐに見つからない時とか
実質、思い出アルバム代わりの動画記憶サイトとなっています。

アルバムと考えたら残しておいても良いのですが、プライベートが忙しくなってくると管理するWEBサイトを減らしていきたいという思いもあり、この度、ドメインの更新を切りました。
(最終10月5日までとなっています。)

またアルバムという意味では、このサイトやイクメンのネタ帳が、よりアルバムの意味合いを強く残しているし、
動画キュレーションサイトという、そもそもオリジナルコンテンンツがないサイトをいつまでも残しておく気がしませんでした。

いつかは英語動画チャンネルも閉じると思いますが、こちらはまだ割とトラフィックが継続しており、しばらくは残しておくつもりです。

こうやって久しぶりにブログの報告記事を書くだけでも、かなり勝手を忘れているのを感じます。
あと、子供が周囲でワイワイしていると、なかなか落ち着いて文章をたしなめられないというのが大きな環境の変化です。

改めて、やれるときに未練なくやりきっておくことって大事だなと、育児のステージが変わっていく中のご報告でした。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)