「マヨネーズ瓶と2杯のコーヒー」の話

有名な話で、どこかで聞いたこともあるのですが、
クリスチャンライターが投稿していた記事が良かったので紹介します。

Hillmann's Real Metadata.

マヨネーズ瓶と2杯のコーヒー

あなたの人生で物事が到底、手に追えないとき、一日が24時間では足りないとき、このマヨネーズ瓶と2杯のコーヒーの話を思い出して欲しい。


ある教授が彼の哲学の授業の前に、いくつかのアイテムを用意した。
授業が始まり、彼は何も言わずに大きな空(から)のマヨネーズ瓶を取り出し、その中にゴルフボールを次々と入れていった。

それから彼は生徒に「瓶は一杯になったかね?」と尋ねると、生徒たちは「そのとおりです」と答えました。

今度は教授が箱に詰まった小石を取り出し、マヨネーズ瓶の中に注いでいきました。
彼は軽く瓶を振って、小石はゴルフボールの隙間のスペースに転がり入っていきました。

そして彼は生徒に「瓶は一杯になったかね?」と再び尋ねると、生徒たちは「そのとおりです」と答えました。

次に、教授は箱に詰まった砂を取り出し、マヨネーズ瓶に注ぎました。もちろん、砂は他の全てのスペースを満たしました。
彼はもう一度「瓶は一杯になったかね?」と尋ねました。生徒たちは満場一致で「はい」と答えました。

そして教授は机の下から2杯のコーヒーを出して、マヨネーズ瓶に注ぎ、砂の間のスペースを完全に埋めました。
生徒たちは、大笑いです。

「さて」
笑いが収まった頃、教授は切りだし、
「君たちに知って欲しかったのは、この瓶は君たちの人生を表しているということだ。ゴルフボールは大切なもの、家族、子供たち、健康、友人、好きなものに対する情熱、もし他の全てを失っても、それらが残っているなら、あなたの人生はまだ十分なものだ」

「小石は他の重要なもの、仕事や家や車のようなものだ」

「砂はその他全ての小さなことだ。『もしマヨネーズ瓶に先に砂を入れたら?』彼は続けて、『小石やゴルフボールを入れるスペースがなくなってしまう。』
人生も同じだ。もし全ての時間とエネルギーとを小さなことに費やしたなら、大切なことのために使うことができなくなる。

君たちの幸福にとってもっとも重要なことに気を遣いなさい。子供と遊び、健康診断を受ける時間をとり、パートナーを夕食に連れて行ってあげなさい。
子供と遊んでも、いつだって家を掃除したり、ゴミ箱を修理したりする時間はあるものだ。
最初に”ゴルフボール”となる重要なことに気を遣いなさい。
優先順位を決めるのだ。それ以外は、単なる”砂”なのだよ。」

一人の生徒が手をあげ、質問した。「それではコーヒーは何を意味するのですか?」

教授は微笑んで、
「よくぞ訊いてくれた。それが意味するのは、どんなに人生が一杯であるように見えても、いつだって友人と一杯のコーヒーを飲む時間はあるということだよ。」

翻訳は以上です。

マヨネーズ瓶が植木鉢であったり、コーヒーがビールであったり、色々なバリエーションが存在するようです。

「子供と遊ぶ」という表現が英文ではPlay another 18なのですが、これは子供にもう一ラウンド(18ホール)付き合ってあげなさいということから来るようです。
ゴルフボールを題材にしているだけに、なかなか洒落た表現だと思いました。

また2杯のコーヒーは友人と自分のコーヒー一杯を意味するのだと思います。

それではこのあたりで。

※このほかにも執事の話シリーズを書いていますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)