Cloud Flareのプラグインをv3.03にアップデートしたらHTTP ERROR 500が出た

cloud_flare_error

はい、またまたプラグインのアップデート時のトラブルです。
最近、こういうのが多くて、だんだんアップデートがおっくうになってきました。
今回は表示速度の高速化にお世話になっているCloudFlareです。
アップデートは正常に完了したと表示されていたのに、いざサイトを表示させると、Chomeブラウザで上の画面に。管理画面も同様でちょっぴり焦りました。
(****ページは機能していません。****では現在このリクエストを処理できません。HTTP ERROR 500)

スポンサーリンク

今回は、以前アップデートの途中に画面遷移してしまって、メンテナンス中のエラーの類かと最初思ってましたが、それらしい.maintenaceというファイルみ見当たりません。

他にもAkismetプラグインも同時にアップデートしてたのですが、そもそもこのサイトでは有効化してなかったのでとりあえず犯人はCloud Flareプラグインであることは容易にわかりました。

とりあえず、以前にどんな入力値があったかも覚えていなかったので、いきなりCloud Flareを削除するのはやめていったんローカルにバックアップとして保存してからにしようと思いました。。。が、これがファイル数が多すぎるのか、FFFTPでは一度ではうまいこと処理しきれません。仕方なく、仮想のフォルダ単位でバックアップをかろうじてとりながら、いざCloud Flareを削除。(こちらも一度には出来ず下層のフォルタ単位でしゅくしゅくとやりました。先に答えをいうと、/wp-content/plugins/cloudflare/cloudflare.phpのみ削除しておけば、とりあえず無効化されてすぐにサイトは表示できるようになります。)

さてさて、サイトが無事に表示できるようになったのは良かったのですが、CloudFlareが利用できていないままというのも残念なので、とりあえず、ある程度安定性が期待できる旧バージョン1.3.25をインストールして、再設定しました。(CloudFlareに登録してあるドメイン名とAPIキー、ユーザー登録アドレスが必要)

何か、プラグインの公式ディレクトリみても、そこそこトラブル起きている様子でした。
そもそも最新バージョンの組み合わせで半々しかちゃんと動作してなかったのですね。
cloudflare

WordPressって結構アップデートが頻繁にあり、自分としては常に最新版にしておかないとすっきりしない性格なのですが、こうもトラブルが多いと、だんだん慎重になってしまいます。とりあえず、同じエラーでお困りの方の参考として。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)