iPhoneでメールの保護機能ってないの?いや、基本設定で出来るでしょ

最近になってとうとう妻もガラケーからiPhoneに切り替えました。
そして不慣れな手つきでメールを打っているときに聴かれた質問。

「iPhoneでメールの保護ってどうやるの?」

iPhone 4 Phantom Emails from 01/01/1970 - Apple Un-Resolved Faults

いろいろググッてみても、なんかデフォルトでは出来ないって答えが多く、デコメーラーというアプリ使えとか、PCメールに転送しろとか、iPhone素人には易しくない解答ばかりでした。

しかしちょっとした設定の追加でできることを発見したので、シェアします。

スポンサーリンク

まずメールボックスの以下の画面を表示させて、右上の「編集」ボタンを押します。
iphonemail01

すると次のような画面になるので、右下の「新規メールボックス」を押します。
iphonemail02

次にメールボックスの名前をつけます。今回は「保護メール」とでも名付けてみます。
iphonemail03

入力したら右上の「保存」を押します。
iphonemail04

これで「保護メール」というメールボックスが出来上がりました。残念ながら順番を上に持っていくことは出来ないようです。
iphonemail05

次に、保護したいメールを開いて下部にある左から2番目のアイコンを押します。
iphonemail06

すると、移動先を選べるようになりますので、「保護メール」を押します。
iphonemail07.png

ひゅるひゅる~っと、保護メールボックスに移動してくれます。
iphonemail08

後は、この繰り返しで保護メールボックスを確認すると、以下のように自分で移動させたメールが一覧で確認できます。
iphonemail09.png

本質的には保護しているわけでなく、フォルダを分けて移動させているだけです。同じメールボックス内で保護フラグを立てる感覚よりは一手間多いですが、まぁそれほど苦にはならない作業かと。参考までに。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)