一ヶ月間、アナリティクス断ちして考えたこと

スマホ依存を脱却するために断アナリティクスを敢行して一ヶ月が経ちました。この期間、様々な意味で考えることが多い時間となりましたので、ちょっくら考察記事でも書いてみます。
Pensive Thinker

初期

アナリティクスを止めてみて最初の二、三日間くらい、自分の体に「もうアナリティクスはない」ってことを覚えさせる期間が必要でした。
「スマホであろうがPCであろうが、統計情報がもうないのです。」
この当たり前の事実を理解していながらも、体が、今どれくらいかな?と調べようとする癖を起こします。
ないという事実を受け入れる期間が私には必要でした。

前半~中盤

このあたりでブログ記事を書くこと自体を控えることにしました。特に、定期的に更新してきた「執事の話」を意図的に更新中止することにしました。
実は「執事の話」は締め切りに追われないように一ヶ月先までストックがあるので、小出しにしながら更新できるのですが、記事を公開するとやはりどれくらい見られているのかと評価が気になってくるので、あえてストップさせ、突発的に発生する育児ネタなどのライフログ系の記事のみにしました。

ところでアナリティクスを見る代わりにAdsenseでもPVをざっくりとは確認できるので、一日に一回AdsenseでPVを見るようになりました。
しかしこの数字はアナリティクスほど刻一刻と変わるわけでなく、一日に一回チェックすればそれだけの情報でしかないので、何回も見る必要はありません。(収益額が伸びてたりはしますが、私はこのブログに収益性をそれほど期待していないので、参考程度の情報として割り切れました。)

途中、急激にPVが伸びたりすると、アナリティクスコードを設置したい思いをぐっとこらえながらも、最近書いた記事で何かが爆発的にアクセスされているのか、主要キーワードのSERPを調べたりもしました。しかし、調べられる情報にも限界があるので、それほどがっつくこともありませんでした。
このあたりで出来ることと出来ないことのあきらめがついてくるようになります。

中盤~後半

記事自体の更新が少ないこともあって、PVも大体予測がつく範囲に落ち着いてきて、Adsenseもあえて見なくてよくなります。

自分の生活の中でブログの位置づけが変化してきます。
これまでブログに投資してきた時間が空いているので、読書や勉強など、別の時間に投資するようになってきます。
「歩きスマホ」がなくなってきて、久しぶりに風景を楽しむ散歩をしている自分の生活に豊かさを感じるようになりました。

とりあえずブログやめたらどうなる?ということが見えてきたので貯め込んでいた「執事の話」のストックの公開を始めました。

いろいろ考えたこと

A Thought of Peace
アナリティクスをやめて、またブログを定期更新するの止めて、一体今まで何に急かされて書いていたのだろう?と落ち着いて考えることができました。

数値の目標を設定してしまうと、ひたすらそれにむけて走り続けてしまうので、ブログを書く目的があいまいになってきたりします。

数字はある意味、自分が書いた記事が、どこかの誰かに読まれているという安心感を与えます。しかし、それはある意味マスターベーションともいえます。もちろん、広告収益が目的ならPVを上げるためにひたすら書くのですが、私のように収益を第一に考えているわけでないネットワーキング志向のブロガーにとって、数字以上にリアルなコメントやメッセージをいただくことの方が重要なのです。

もちろんコメントがない間も、アクセス数があれば、いつかは誰かがという期待もありますが、数字を維持することに目的がズレてしまっては本末転倒になります。

間違っていたこと

01 (216)
これまで情報発信に特化するために自分の生活の中心にブログがあったのですが、これは実は順番が違うことに気付きました。
自分の生活の中心には、自分のProfessionalな分野があり、その情報発信の手段としてたまたまブログというメディアがあるだけなのです。

この間、自分の中でしっくりきたフレーズが
スマホファーストでもなく、Webファーストでもなく、リアルファーストだ。です。

これは際限なく、スマホに、そしてWEBに時間を投下している自分のリアルライフのクオリティが落ちているのを感じたからです。
執事として祈りの時間、聖書を読む時間、また教会への奉仕の時間をもっと増やすべきだと感じたし、父親として、家にいる間にPC開いている時間を減らしたほうが良いと考えるようになりました。

さて、今後のことですが、
今のスタイルがかなり快適なので、アナリティクス不使用を続けてみようと思います。
アクセスされる記事を狙いすぎると、書き手の自分に楽しみが制限されるので、しばらくSEOから自由になって書いてみたいと思います。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)