母の八つの嘘

母の愛とはいつの時代も大きなものです。
今はこういうお母さんもいないと思いつつも、感動するお話しでしたので紹介します。
原題は「8 Lies of A Mother」です。
'Mother and Child'

「母の八つの嘘」

この物語は私の子供の頃から始まる。
私は貧しい家庭の一人息子だった。十分な食料さえなく、食事の時間になると母はよく私に自分のご飯の一部を与えてくれた。
母が自分のご飯を私のお皿に移しながら言った。
「これをお食べ、私はお腹すいてないから。」

それは、母の最初の嘘だった。

私が成長し、忍耐強い母は、時間をさいて家のそばの小川に釣りにいった。捕まえた魚が少しは私の成長のための栄養になるだろうと思ってのことだ。
釣りが終わって、母は新鮮な魚スープを作ってくれて、私の食欲をそそった。
私がスープを食べている間、母は私の横に座って、私が食べた魚の骨についた残りを食べていた。
私がそれを見たとき、心打たれて、箸を使って、他の魚を母につまんであげた。
でも母はすぐに断って言った。
「この魚を食べなさい。私は本当に魚が好きじゃないの。」

それは、母の二番目の嘘だった。

それから、私が中学校の時、私の学費を得るために、母は、企業に行って、使い古しのマッチ箱をくっつける仕事を始めた。
それで私たちの生活費をいくらか補うことが出来た。冬になって、眠りから覚めてみると、母がまだ起きていて、
わずかなろうそくの灯りで中古のマッチ箱をくっつける仕事を忍耐して続けているのをみた。
私は言った。「ママ、もう寝よう。こんな時間だよ。明日の朝、また仕事でしょ?」
母は微笑んで言った。
「早く寝なさい。ママは疲れてなんかないわ。」

それは、母の三つ目の嘘だった。

卒業試験が来て…母は私に同行するために仕事を休んで来た。太陽が強く照らし始め、母は熱いなか、数時間も私を待っていた。
最後の試験が終わるベルが鳴って、母はすぐに私を迎え、容器の中のお茶を出してくれた。
汗まみれの母を見ながら、私はすぐに自分のコップを母に差出し、母も飲むようにと言った。
母は
「あなたが飲みなさい。私は喉なんて渇いてないわ。」

それは、母の四つ目の嘘だった。

私の父が病気のために亡くなった後、可愛そうな母は一人親となった。
彼女は私たちの生活費を一人で稼がなければならなくなった。私たちの家庭生活はより複雑になった。
苦難のない日などなかった。家計はますます悪くなった。時々、近所に住む親切な叔父が助けてくれた。
近所の人はよく母に再婚を薦めた。でも母はゆずらなかった。
「私には必要ないわ。」

それは、母の五つ目の嘘だった。

私が卒業して、就職してから、やっと年老いた母のリタイアできる時となった。でも彼女はそうしたくなかった。毎朝市場に行って、必要な分だけ野菜を売っていた。
別の街で働いていた私は、母によくお金を送っていた。でも母は受け取らなかった。時には、私に送り返してさえ来た。母は言った。
「私は十分持ってるわよ。」

それは、母の6番目の嘘だった。

修士課程を卒業してから、私は博士課程へと進んだ。それは会社からの奨学金を利用した。
とうとうその会社で働き、良い給料を得て、母をガルフ湾で老後を過ごしてもらおうと思った。
でも私の愛する母は、息子のお世話になりたくなかった。彼女は私に
「慣れてないところへ行かないわ。」

それは、母の七つ目の嘘だった。

いよいよ年老いて、母は胃癌になって、入院しなければならなくなった。わたしは随分遠く離れていたが、海を越え、最愛の母を訪れに家に戻った。
母は手術後の体力低下でベッドに横たわっていた。母はとても歳に見えた、そして深く考えながら私を見つめていた。
母は顔に笑顔を作ろうとしていた。でも、それは大変なことだとすぐに分かった。病気は母の肉体をひどく痛めつけているのが明らかだった。
母はとても弱く、もろく見えた。私は涙を流しながら母を見つめた。心が痛かった。本当に。そんな母の状態を見るなんて。
でも母はもっているわずかな力で、言った。
「泣くんじゃないわよ、痛くなんかないから。」

それが母の八つ目の、そして最後の嘘だった。
八つ目の嘘を言ってから、私の最愛の母は静かに永遠に目を閉じた。

作者不明

いかがだったでしょうか。
おそらく作り話ですが、それでもこういう心掛けをもって生きる人が今もいて欲しいなと思ったりもします。
最近は間違った方向に親の愛が大きくなって、モンスターピアレントなんて呼ばれたりしますが、貧しさって人間を試み、製錬することもあるのではないかと思います。
愛は忍ぶこと、耐えること、と聖書にもありますが、人生を生きる中で与えられる試練を通じ、人間としてますます磨かれていきたいものですね。

※このほかにも執事の話シリーズを書いていますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)