人生が教えてくれた偉大な教訓

短いストーリーですが、思わず涙がこぼれてしまったのでシェアします。
元々は「4 great lessons」というタイトルで4つの話があるのですが、そのうちの一つのストーリーをピックアップしました。

Drop It On A Dime

どんな時でも品位をもって仕えること


かつて、アイスクリームサンデーは今よりもずっと安かった。
10歳の少年がホテルのコーヒーショップに入ってきて、テーブルに座った。
ウェイトレスが彼の前にコップ一杯の水を出した。

少年は尋ねた。「アイスクリームサンデーはいくらですか?」

「50セントよ」ウェイトレスは答えました。

少年は手をポケットから出して、コインがいくらあるか調べていた。

「ええと、普通のアイスクリームだったらいくらですか?」
彼は尋ねた。

この時、すでに多くの人が他のテーブルでも待っており、ウェイトレスは次第にイライラし始めていた。

「35セント」彼女は無愛想に答えた。
その少年は再びコインを数えはじめた。
「じゃぁ、普通のアイスクリームをください。」

ウェイトレスがアイスクリームを持ってきて、テーブルに注文書を置いて、素っ気なく立ち去った。

少年はアイスクリームを食べ終え、レジでお金を支払い出て行った。

ウェイトレスが戻ってきたとき、彼女はテーブルを拭きながら、突然泣きはじめた。

空になったお皿の横に小奇麗に置かれていたのは、
2ニッケルと5ペニー(総額15セント)だった。

おわかりでしょう。彼がアイスクリームサンデーを食べられなかったのは、彼女にチップを払えなくなるからだったのです。

————————-
お話しはここまでです。

誰でも、この物語の中にあるようなイライラを経験したことはありますよね。

でも、いつどこでどんな真相が隠されているか誰にも分からないから、
いつだってすべての人に丁寧に接するべきだと思います。

短いですが悟り深いお話でした。

※このほかにも執事の話シリーズを書いていますので、是非ご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)