メキシコの漁師の話

割とネット上でも拡散されている有名な話なのですが、あらためて人生のゴールについて考えさせられる良いストーリーなので紹介したいと思います。
原題は「The Mexican Fisherman」です。

Ferry on the Pusur River

メキシコの漁師の話

アメリカ人の投資家がメキシコの小さな漁村の埠頭についたとき、小さなボートに一人の漁師が乗っていた。

ボートの中には数匹のキハダマグロが釣られていた。
そのアメリカ人はメキシコ人に魚の品質を褒めて、釣り上げるのにどれくらい時間がかかったのか尋ねた。

メキシコ人は答えた。
「ほんの少しの間さ」

「何故、もう少し続けてもっと魚を釣らないのかい?」

「これだけあれば、家族が食べるのには十分だ。」

「でも、君は残った時間に何をするんだい?」

メキシコの漁師は答えた。
「朝はゆっくり目を覚まし、少し釣りをして、子供たちと遊び、妻のマリアと昼寝し、夕方には村を散策し、ワインを味わい、アミーゴ(仲間)とギターを弾くのさ。それで人生は一杯さ。」

アメリカ人は小馬鹿にし、
「私はハーバード大のMBAを取得しててね、きっと君を助けることが出来ると思うよ。」

「君は、もっと釣りに時間を割いて、その収益で大きなボートを買うんだ。大きなボートでまた釣りをして、その収益で今度はボートを何台も買うんだ。次第に、君は漁船の一団を率いるようになるだろう。そして釣った魚を仲介者に売る代わりに、製造業者に直接売るんだ。次第に、君は自分の缶詰工場を始めるようになるだろう。君は生産・配給量をコントロールするようになる。この沿岸の小さな漁村を離れてメキシコシティに移る必要が出てくる。それからロスアンゼルスへ引っ越し、次第にニューヨークへ移り、君はこれまで拡大してきた君の企業を運営するんだ。」

メキシコの漁師は尋ねた。「でも、一体どれくらい時間がかかるんだ?」

それに対して、アメリカ人は答えた。「15年から20年だろうな。」

「で、それからどうなるんだ?」メキシコ人は尋ねた。

アメリカ人は笑って
「時に合えば、君は株式公開をし、君の会社の株を売って、大金持ちになるのさ、億万長者にね。」

「億万長者?…で、それからどうなる?」

アメリカ人は言った。
「それから君は引退して、小さな沿岸の漁村に引っ越し、朝はゆっくり目覚め、少しだけ釣りをして、子供たちと遊び、妻と昼寝し、夕方には村を散策し、ワインを味わい、アミーゴとギターを弾くのさ………」

‐作者不明‐

いかがだったでしょうか?

メキシコ人が、今すでに理想的な暮らしをしているということに、アメリカ人も自らの解答でたどりついてしまうのが、こっけいな話でした。

私たちは、ついつい世間的な富や成功を求めてしまいますが、それらは手段であって、幸せな暮らしを実現するのに必ずしも、巨額の富は必要ではないですよね。
今が一番大切で貴い時期なのに、それに気づかず大事なことを後回しにしてしまうことのないようにしたいものです。

※ちなみ、個人的にはアメリカ人の示すプランもあながち悪くないと思います。
というのは、今から老後の楽しみのような暮らしをするのでなく、若いときはスリルあふれる生活に挑戦することも人生の楽しみだからです。

たとえ街へ出て、事業に失敗したとしても、そこに喜怒哀楽を共にする
家族やアミーゴがいることが本当に大切なことだと思います。

それでは今日のところはこのあたりで。

※このほかにも執事の話シリーズを書いていますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク


メキシコの漁師の話」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)