記事毎のFacebookいいね数の意味は?いいねした人の数とは全然違う件

いいね!ボタンって一度押すと、解除しなければまた押せないので、いわゆるいいね!の数って、純粋にユニークユーザー数だと思ってたら全然違っていたという話。知っている人からすれば当然の話かもしれませんが、個人的には意外な事実だったのでシェアします。

Facebook Like Button


スポンサーリンク

いいね!ボタン以外でもいいね数はカウントされる

通常一人のユーザーで一度いいね!を押すと、解除しなければ再度押せないので、一人がいいね!ボタンを何度も押してカウントを釣り上げられなくなっています。しかし、ブログ上でいいね!を押すと、その人のタイムラインにもシェアされて掲載されてきます。
そのタイムライン上でいいね!を押すのとブログで押すのって重複排除されてないんですよね。

事例1

たとえばAさんがある記事をいいね!したとします。
Aさんの友人のBさんがタイムライン上でそれをみつけて、いいね!します。
そしてBさんが元のブログ記事でいいね!ボタンを押すことも出来るので、カウントは3になってしまいます。

これだけではありません。
いいね!した記事についてタイムライン上でコメントしあったりすると、全てのアクションにおいて1ずつ計上されるのです。

事例2

Aさんがあるブログ記事をいいねします。+1
Aさんの友人のBさんがタイムライン上で、コメント「どこがいいねん?」と突っ込みます。+1
Aさんがコメントで説明します。「これこれこういう意味でいいねしたんだよ」+1
そこへじゃじゃ馬のCさんが「いや、俺はこう思うよ」と話題に入ってきます。+1
Bさんが、それに賛成してCさんのコメントにいいね!する。+1

この時点でいいね!数は5になります。
でもこの話題からすると、実は元のブログ記事をいいね!と思っているのはAさんだけです。

Facebookユーザー数は10億人以上いるし、どこかでいいね!してくれる人が増えたんだろうかと思っていたら、全然違うということです。

さらに

いいね!と別にシェアをするとそれも一カウントとして計上されます。
そしてその人がシェアしたものを元にコメントしたりいいね押したりすると、全部カウントされているんです。

これって友達に自分の記事を紹介して、いろいろディスカッションしたら、いくらでもつり上ってしまいますよね。

ついでに

またこの記事ではFacebookコメントを設置しており、ここにコメント入ると、いいねも+1されます。
またコメントに返信しても+1。

まとめ

要するにいいね数とは、いいね!と思った人の数ではなく、その記事をもとに人々がWEB上でなんらかのアクションをした数なのです。
そういう意味では偶発的な要素もかなりあり、評価してもらっているとは一概に言えないのです。
むしろ議論される話題を書いたら、勝手に人々がそれをネタにコメントしあって増えていくんでしょうね。

最近いいね!が増えてきていたので、ちょっぴり嬉しかったのですが、蓋をあければそういうオチかと残念な事実を知ってしまった男の悲しい備忘録。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)