お前の父親は誰だ?

今日のお話しは「Who’s Your Daddy?」という原題で、俗語として様々な使われ方をすることもありますが、ここでは直訳の「お前の父親は誰だ?」という意味で話は展開していきます。

Lonely Boy

「お前の父親は誰だ?」

神学の教授が妻とテネシー州のガトリンバーグで休暇を過ごしていた。

ある朝、彼らは静かな家族の食事を楽しむことを期待しながら小さなレストランで朝食を食べていた。
彼らが食事が来るのを待っている間、一際目立つ白髪の男がゲストと一緒にテーブルからテーブルへと移っていることに気づいた。

教授は身を乗り出して、妻に耳打ちした。
「彼がこっちにやってこなければいいけど。」
しかし、案の定、彼はテーブルにやってきた。

「あなたはどちらの出ですか?」彼は親しげな声で尋ねてきた。

「オクラホマですよ」彼らは答えた。

「テネシーまでようこそ!」その変な男は言った。「どんな仕事をされているのですか?」

「神学を教えているんだ。」

「おお、つまりあなたは説教の仕方を教えているのですね。ところで、私はあなたに本当に素晴らしいストーリーを教えられますよ。」

教授は、うなって考えた。「いいですね!丁度、説教の話を探していたんです。」

男は話を始めた。
「むこうにあるあの山を御覧なさい。(レストランの窓を指さした。)」
あの山のふもとからそう遠くない場所に、未婚の母から男の子が生まれたことがある。
彼は、成長する間、辛い思いをたくさんした。なぜなら、どこへ行ってもいつも同じ質問をされるからだ。
「ヘイ、ボーイ、お前の父親は誰だ?」

彼が学校にいようが、スーパーやドラッグストアにいようが、人々はいつも同じ質問をした。
「お前の父親は誰だ?」彼は休み時間とお昼は他の生徒たちから隠れていた。
彼はその質問にひどく傷つけられるので、お店にいくのも避けていた。

「彼が12歳になるとき、新しい牧師が彼の教会にやって来た。彼はいつも遅れて入ってきて、早めに出て行った。というのはあの質問を聞きたくないからだ。」
しかし、ある日、その牧師は祝祷をとてもはやく終えたので、彼は群衆の中を歩いて出ていかなければならなかった。
彼が勝手口についたちょうどその時、牧師は少年について何も知らずに、彼の肩に手を置き、尋ねた。「坊や、君の父親は誰なんだい?」

教会全体が死んだように静まった。彼は教会の全ての目が自分に注がれているのを感じ取った。

しかし、この新しい牧師は、彼の周りの状況を感じ取り、聖霊が与えたとしか言いようのない優れた判断力で、その怯えた少年に言った。

「ちょっと待って!」「私は君が誰か知っている。家族の面影が見えるからね。君は…神様の子供だよ。」

それで、少年の肩をたたきながら
「坊や、君はとても偉大な家系なんだ。行って叫べばいい。」
それで、少年は初めて笑って、ドアは出て行ったときには別人だった。

彼はもう以前と同じではなかった。誰に「お前の父親は誰だ?」と問われても、ただこう答えた。
「僕は神様の子どもだよ。」

その目立った紳士はテーブルから立ち上がり、言った。「とても素晴らしいストーリーじゃないかな?」
教授は、本当に素晴らしいストーリーですねと答えた。

その男が立ち去るときに言った。「そうだろ、もしその牧師が私に、あなたは神の子の一人だと言わなかったら、きっと私は何者にもなれなかっただろう。」そして立ち去った。

その神学の教授と妻はしばらく身動きできなかった。彼は向こうにいたウェイトレスを呼んで尋ねた。
「さっきこのテーブルに座っていたあの人が誰か知っていますか?」

ウェイトレスはにっこり笑って「勿論、ここの誰もが彼を知ってるわ。あの人はベン・フーパー。前のテネシー州の州長よ。」

翻訳は以上です。

このストーリーはテネシー州のもと州長ベン・フーパー氏の実話だそうです。
「あなたは神様の子どもです。」キリスト教の世界では当たりまえの答えかもしれませんが、父親が誰かも分からないことに負い目を感じる多感な時期の少年にとって、これほど勇気づけられる答えはなかったと思います。

それは時には人の運命を変え、世界に大きな影響力を持つことがあります。

時代は進み、今は神様の子どもといよりも、神様の恋人になれるよう私たち人間が成長すべき時でもあります。
神様の恋人になるには、何を備え、どんな生き方をすべきでしょうか?

またの機会に書いてみたいと思います。

※このほかにも執事の話シリーズを書いていますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)