一杯のミルク

割とありがちな話ですが、思わず涙が出てしまいましたので紹介します。
原題は「A Glass of Milk」です。
Glass of milk

「一杯のミルク」

ある日のこと、貧しい少年が学費を稼ぐため家から家へと商品を売り歩いていた。わずか10セントしか残っていない中、空腹を覚えた。
彼は次の家で食事を乞おうを決心した。しかし、ドアを開けたとき、とても愛らしい若い女性が出てきて怖気づいた。
食事の代わりに、一杯の水を頼んだ。彼女は彼がとてもお腹を空かせて見えたので、大きなカップ一杯のミルクを持ってきた。彼はそれを、とてもゆっくり飲み干した。そして、「いくらですか?」と尋ねた。

「お金はいいのよ。」彼女は答えた。「お母さんが言ったわ。親切したときは、絶対、見返りを望んではいけないって。」

彼は言った。「本当に、ありがとう!」

ハワード・ケリーはその家を離れ、身体的に元気になっただけでなく、神と人への信頼も強めた。彼はもうほとんどあきらめかけていたが、思いとどまった。

それから歳月が流れて、その若い女性が重い病気になった。地方の医者は途方に暮れた。彼らはとうとう彼女を都市へ送り、彼女の病状の専門医を呼んだ。

ハワード・ケリー医師は診察に呼ばれた。彼が彼女が来た街の名前を聞いたとき、彼の目が奇妙に輝いた。

すぐに彼は立ち上がり、病院のホールに降りて行って彼女の部屋へ向かった。医者のガウンを身にまとい彼女に会いにいくと、彼はすぐに彼女だとわかった。

彼は診察室に戻ってきて、彼女の命を救うために最善を尽くし、その日から彼女に特別の注意を払った。

長い苦闘の末、闘いに勝利した。
ケリー医師は事務所に承認のために自分に請求書を渡すように指示した。それを見て、彼は何か書き入れた。そして請求書が彼女の部屋に送られた。彼女はそれを開くのが怖かった、それを全額支払うためにおそらく彼女の一生涯を費やすことになるに違いなかったからだ。おそるおそる彼女がそれを見たとき、請求書の横に書いてある文字に気づいた。

「全額支払い済み。あの時、ミルクをありがとう。 署名:Dr. ハワード・ケリー」

作者不明

途中で話の展開が読めてしまいましたが、わかっていてもホロリとくるのは年をとったせいでしょうか。
現実社会では、保険制度とかいろいろな制約があって、こんなことは出来ないのかもしれませんが、気持ちはいつでも持っていたいものですね。

そういえばよく似た話でチャーチルとフレミングの話がありましたね。確か実話ではなかったと思いますが、機会があれば紹介してみたいと思います。

それでは今日のところはこのあたりで。

※このほかにも執事の話シリーズを書いていますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)