miniDrawで光沢と影とぼかし効果を表現してみた

miniDrawの機能的な限界と戦いながらも、様々な表現手法に挑戦してみようと思います。

20121027-171206.jpg

図形自体はシンプルなものにして、効果として使えるグラデーションと透明度を駆使しながら、光沢や陰影、ぼかし効果など実現できるか試してみました。

宙に浮く球体

20121027-171152.jpg
これはシンプルな機能で出来そうですが、意外に難しいです。
球体の周辺を囲むぼかしを実現する方法をいろいろ模索しました。

まずは球体を円グラデーションで光が当たっている感を表現します。
20121027-171129.jpg

その下のレイヤーに以下のように中央から外向けに背景色(ここでは白)に近づけたグラデーションの円を作成します。
20121027-171137.jpg

無理やりぼかしに似せた効果を作っているだけで、実際は円の輪郭が結構はっきり残ってたりします。ぼかし効果ないことの限界を感じました。
20121027-171145.jpg

アクア風

ぼかしはとりあえず置いておき、せっかくなので、少し手を加えて、アクア風にしてみました。これもちょっと微妙ですが、接地面の反射感がなかなか難しいです。
20121027-171200.jpg

中に液体を注いだ感じ

もう一歩、手を加えてみると、割といい感じに仕上がりました。ここではレイヤーの透明度を調整しながら、光沢感をコントロールしています。
20121027-171206.jpg

ちなみに、今回は球体という完全な図形だったため、ぼかしなども比較的実現しやすいのですが、楕円や多角形だったりすると、相当難しくなります。円グラデーションを複数組み合わせたりして、やっと実現できるかどうかだと思います。
あらためて、機能がないものを工夫で実現しようとするのは、なかなか根気がいるなぁと感じました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)