神様へのインタビュー

日曜日の深イイ話の時間です。
今日は、面白い発想ですが、「神様へのインタビュー」というお話です。もし、皆さんが、神様に5分だけインタビューしていいと言われたら、何を尋ねますか?
そしてそういう機会はいつだってあることを改めて感じさせてくれるお話でした。

microphone



神様へのインタビュー

私は神にインタビューをしている夢を見た。

「入ってきなさい。」神は言った。「あなたは私にインタビューしたいんだろう?」

「もし、お時間を頂けるなら。」私は答えた。

神は微笑んで言った。「私の時間は永遠であり、何をするにも十分だ。一体何を聞きたいのか?」

「人間のことについて、何が最もあなたを驚かせることでしょうか?」

神は答えた。

「子供でいることをつまらなく思い、急いで成長したがるのに、大きくなると、また子供に戻りたがること。」
「お金を稼ぐために健康を損なうほどするのに、結局、健康を回復するためにお金を失っていること。」
「将来について心配しすぎて現在を忘れており、結局、将来も現在も満足な生き方ができないこと。」

神は私の手をとり、私たちはしばらくの間、沈黙していた。そして私が尋ねた。

「一人の親として、子供たちに学ばせたい人生のレッスンについてお聞かせください。」

神は笑顔で応えた。

「最も大切なことは彼らの人生で何をもっているかが重要でなく、誰を持っているかが重要だということ。」
「彼らを本当に愛している人がいること、しかし単に、どう表現すればいいかわからないだけだということ。」
「お金は何でも買えるけど、幸福は買えないこと。」
「二人の人が同じものを見ても、全く違った風に見ること。」
「真の友人とは、彼らについて全てを知っており、何があっても彼らを好きだというと。」
「他人から許されるけれども、自分自身を許すことについては、いつも十分でないこと。」

私はしばらくの間そこに座って、その時間を楽しんでいた。私は神に、私と私の家族のためにしてくれたことについて感謝した。そして神は応えた。

「いつでも来なさい。わたしはずっとここにいる。ただあなたは尋ねさえすればいい。私が答えよう。」

後で知りましたが、実は、別のバリエーションもあるんですね。
reataさんという方がFlashアニメーションでとても美しいものを制作していました。かなり似ていますが、原文が若干違うので、翻訳内容も異なっています。
英語版
日本語版


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)