iPhoneアプリ「iDesign」の特徴(日本語)

miniDraw同様にiDesignもマニュアル等、日本語資料が全然ありません。
多機能な分、公式な説明書もかなりの分量であるため、その特徴をさっくりした紹介文があったので、翻訳します。

iDesign

iPadの大画面サイズと、iPhone、iPod touchの携帯性をを十分に活かした一つの統合アプリです。

ビジュアルベースの出しゃばらないアイコンとフルスクリーンボードビューでユーザーインターフェース志向の背景

よく使う機能へのワンタッチアクセスのツールバーボタン

シャープでクリアなイメージで、制限のない速さとスムーズなマルチタップズーム

複雑なデザインを作成するための図形の階層的なグループ化・グループ解除

デザイン要素を分けるための複数レイヤー -プレビュー、上げ、下げ、非表示-

デザインの保存・読込のためにサムネイルをプレビューできるデザインギャラリー

図形 -正方形、長方形、円、楕円、直線、折れ線、多角形、星形、カーブ・パスツール

ノードの編集、図形をパス化、図形の統合、ノードの追加・削除・分解・結合・爆発・接合

コーナー、スムーズ、対称コントロールポイントの移動、曲線セグメントの直線化など、上級パス編集オプション

フォント、スタイル、サイズ、文章調整、多言語、回転/拡大の出来るテキスト挿入

その他多数のツール -ズーム、回転、フリップ、上げ、下げ、頂上、底-

標準的なボードサイズ(A1 to A5, B4, B5, Letter, Tabloid)をカバーし、最大100万ユニットまで拡張できる。

描画を小数点第4位まで微調整でき、1000倍まで拡大できる。

標準的なユニットシステム(点、インチ、フィート、ミリメートル、センチメートル、メートル)の完備

グリッドラインと区切り線のカスタマイズ設定でグリッドを認識できるユニット

グリッドや図形、ポイントにスナップでき、回転スナップ、カスタムスナップで精密なポジショニングを実現

ルーラーを識別するユニット

挿入、移動、リサイズ時の幅、高さ、長さと回転におけるX,Y座標の測定

ユーザーが回転軸を決めることのできる、精密な回転

図形のダブルタップで、全ての図形属性のキーボード入力を可能にするプロパティページを設定できる

トレースやマーキングのためにフォトライブラリから背景画像を設定

コピー&ペースト

透明度や、カスタムRGBミキサーつきの塗りつぶしとペン色見本

幅、線の蓋とコーナー、結合スタイル、線のスタイルを設定してストローク

全ての編集操作やレイヤー変更を複数レベルでのアンドゥ・リドゥ

複数セグメントの線やパスを作成している時でさえも、個別のノードや一つ前のノードの移動をアンドゥ・リドゥ

作品を保護するため、全ての操作がつどつどオートセーブでいつでも保存されている。

フォトライブラリへのエクスポート、JPEG, PNG、PDF、SVG形式で高解像度プロフェッショナルクオリティで出力

iPad、iPhone/iPodや他のiデバイスとEメールを通じてデザインを共有できる

フレキシブルな組み込みの簡単バックアップでローカル、外部へバックアップを保存、共有

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)