一人ではたいしたことない

Paulo Coelhoさんのブログで紹介されていたお話の紹介です。短いながら、考えさせられるストーリーでした。原題は「The daisy and selfishness」です。

Blue Daisy at Monticello

「身勝手なデイジー」

光の戦士は一緒でなければならない。この短編ストーリーはそのことについて説明しています。

「私はデイジー畑の一輪のデイジー」

その花は考えた。

「他の花たちの中に埋もれていたら、私の美しさに気づくのは不可能だわ。」

天使は彼女の考えを聞いて、コメントした。

「でも、あなたはとてもかわいいじゃない。」

「私は、唯一の存在になりたいの!」

これ以上、不平を聞かないために、天使は彼女(デイジー)を街の広場に移動させた。

数日後、広場を少し変えようと市長が園芸家とそこへ行った。

「ここには何も面白いものがない。土を掘って、ゼラニウムでも植えよう。」

「ちょっと待って!?」デイジーが叫んだ。「あなたたち、私を殺す気?」

「もし他にもお前のような花が一杯だったら、私たちも素敵な飾り付けが出来るのだが。」市長は答えた。

「でもこの周りには他のデイジーが一切見当たらない。そしてお前は自分自身では花畑にはなれないだろう?」

そして市長は地面から花を引きちぎった。

作者:Paulo Coelho

お話しは以上です。

一人のスーパースターが世界を変えることもありますが、そのスーパースターも多くのファンがいるからこそ、スーパースターだったりするわけです。

私もしがない育メン執事ですが、価値を認めて読んでくれる人がいるからこそ、こうやってブログも続けられます。いつもご愛読ありがとうございます!

短いながらも悟り深いお話でした。

※このほかにも執事の話シリーズを書いていますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)