人生の最高の時

自分の人生の最高の時はいつだったでしょうか?またはこれから迎えるでしょうか?シンプルながらも改めて大切なことに気づかされるストーリーの紹介です。
原題は「The Best Time Of My Life」です。
Family, Life, Wonderful


「人生の最高の時」

それは6月15日のことだった。あと二日で私は30歳にさしかかろうとしていた。
私の人生で新しい10年が始まることについて何か心もとなかったし、私の最高の歳月がもう過ぎ去っていこうとしていることが何だか怖かった。

私は日々の日課として、仕事に行く前にジムに通っていた。
そして毎朝、ジムで親しくなったニコラスと顔を合せていた。
彼は79歳だが、素晴らしく健康だった。

この日、ニコラスに挨拶すると、彼は私がいつもの元気がないことに気づき、何かあったのかと尋ねてきた。
私は30歳にさしかかるにあたり心配になっていることを告げた。
どうすればニコラスの年になる頃に、後悔のない人生が送れるか彼に聞いてみた。
「一体、いつがあなたの人生の最高の時でしたか?」

ためらいもなく、ニコラスは答えた。
「そうだな、これは君の哲学的な質問に対する私の哲学的な答えだが…」

「私がオーストリアに住んでいた子供の頃、全ての事を世話してもらい、両親に育まれた。それが人生の最高の時だった。」

「私が学校に通い、今知っていることを学んでいた頃、それが人生の最高の時だった。」

「私が最初の仕事について、責任をもって、労苦の対価を得たとき、それが人生の最高の時だった。」

「私が妻と出会い、恋をした、それが人生の最高の時だった。」

「第二次大戦が起こり、妻と私は死を免れるためオーストリアから離れ、北アメリカに向かう船で共に無事であったとき、それが人生の最高の時だった。」

「カナダに移ってきて、子供が産まれたとき、それが人生の最高の時だった。」

「若い父となり、子供たちの成長を見守るようになったとき、それが人生の最高の時だった。」

「そして今、私は79歳になった。健康で、快活で、始めて会った時のように妻を愛している。今が人生で最高の時だよ。」

-作者不明-

翻訳は以上です。

私も学生時代、僅かなお金と友情を持ち寄って、仲間と共にルームシェアして過ごしたときや、30歳で仕事を辞めて、信仰と挑戦心を持ってワーホリで語学留学したとき、結婚してまだ仕事にもついていない中、妻が初めての子を授かった日の事など当時は色々ありましたが、今、振り返ってみるといずれもかけがいのない人生の宝石のような時間です。

人生を生きる限り、到底予想していなかった出来事に見舞われることもあります。また、当たり前に過ぎていく日常の何気ない日々も全て、結局のところ自分の人生の最高の瞬間なのです。人生を振り返ったときに、いつでも心からそう思えるように生きていきたいものですね。

それでは皆さん、今日も一日、人生最高の日を過ごして生きましょう!

※このほかにも執事の話シリーズを書いていますので、是非ご覧ください。
[ab]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)