Do It Anyway 〜とにかくやろう〜

キリスト教関連のサイトで素敵な文章をみつけたので紹介です。
原題は「Do It Anyway」、日本語で「とにかくやろう」とさせていただきました。
anyway / magie

「とにかくやろう」

人々が論理的でなく、不合理で、自己中心的であっても
とにかく愛してあげよう。

良いことをするとき、人々があなたを利己的な動機だと責め立てても
とにかく良いことをしよう。

もしあなたが成功し、偽の友人と真の敵を得るとしても
とにかく成功しよう。

今日する良いことは、明日には忘れられるとしても
とにかく良いことをしよう。

正直さと率直さがあなたの立場を弱くするとしても
とにかく正直で率直であろう。

最も大きなアイデアを持つ大きな人物達が、最も小さな考えの小さな者たちに撃ち殺されることがあるとしても
とにかく大きく考えよう。

人々が負け犬に好意をよせるが、勝ち犬にばかり従うのだとしても
とにかく少数の負け犬のために戦おう。

あなたが何年もかけて建てたものが、一夜にして崩れ去るかもしれなくても
とにかく建てよう。

人々が本当に助けを必要としているとき、彼らを助けることであなたが損をこうむるとしても
とにかく助けてあげよう。

世界にあなたの全てを捧げたのに、さんざんな目に遭わせられるとしても
とにかくあなたの全て捧げよう。

作者:Kent M. Keith

———————————

Do It Anyway

People are illogical, unreasonable, and self-centered.
Love them anyway.

If you do good, people will accuse you of selfish ulterior motives.
Do good anyway.

If you are successful, you will win false friends and true enemies.
Succeed anyway.

The good you do today will be forgotten tomorrow.
Do good anyway.

Honesty and frankness make you vulnerable.
Be honest and frank anyway.

The biggest men and women with the biggest ideas can be shot down by the smallest men and women with the smallest minds.
Think big anyway.

People favor underdogs but follow only top dogs.
Fight for a few underdogs anyway.

What you spend years building may be destroyed overnight.
Build anyway.

People really need help but may attack you if you do help them.
Help people anyway.

Give the world the best you have and you’ll get kicked in the teeth.
Give the world the best you have anyway.

Author Kent M. Keith

Copyright Kent M. Keith 1968, renewed 2001
———————————

実は、この詩はマザーテレサが「逆説の十か条」という名前で有名にしたみたいですね。こちらのサイトにも紹介されていました。

この記事で紹介したのは、原文から私が翻訳したので表現が違っていますが、個人的には「教え」というよりも、自らも実践しようとする意志みたいなものが伝わってきたので、語尾を「~しなさい」ではなく「~しよう」という呼びかけ調にしています。そのあたりはお好みで。

と思ったら、神田昌典さんも翻訳して紹介してたり、早川書房から大内博さんが書籍「それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条」を出したりしてるんですね。
ご参考に。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)