クリスマスに娘と一緒に教会の生誕劇に参加しました。

というのは、残念ながら未遂に終わりました。(´;ω;`)
娘は最近、自由に動きたい盛りでして、とても決められた役を演じることは出来ませんでした。

xmas

娘より2ヶ月若い子でも、おとなしく手を引かれていれば、可愛い羊役が出来るのですが、我が子はなかなか捕まってくれません。

残念ながら我が家では私のみが出演することになりました。

それにしても演劇なんて学生時代以来で、久しぶりに全身タイツに身を包みました。( ´艸`)
何に驚いたかというと、自分の記憶力の低下でした。(;゚Д゚i|!)

ブログを書くようになり、文章で考えをまとめ、深くモノゴトを洞察する事が多くなったのですが、反面、情報を自分の脳以外に蓄える習慣から、記憶しておく能力が激減していることに改めてきづきました。

人間の価値は、大量の情報をクラウドに溜め込んで、いち早く検索してこれる体制を整えることだろうか?
それともいつでも語りたい時に、脳からその情報を引き出せることだろうか?
人間の脳は開発すればするほど発展するものですが、老化すれは、いずれは衰えるものですし、はたして記憶するという能力を開発する必要があるのだろうか?
とか真剣に考えるきっかけになりました。
結局、脳を開発することが目的の場合もあるし、脳を開発することが手段であり、それを通じて何かの目的を達成するということもあるのだな、というあたりに落ち着きました。
そういう意味では人間の価値は、どこに目標設定するかによって尺度が変わるので、それそのものの価値なんて測れないし、あえていうなら非常に貴いものにもなりえるし、卑しいものにもなり得ると、そこで天国か地獄かが左右されるわけです。

いずれにせよ、脳を開発することで天国に行けるような生をこの世で生きられたら良いですね。

ちょっとした雑感でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)