「楽観主義者」と「悲観主義者」の違い

キリスト教のお話しで面白いストーリーがあったので、ご紹介します。

Rome visit, June 2008 - 57

楽観主義者と悲観主義者の違い

人々の世界観をよく理解するために、研究者が二人の子供たち、一人は悲観主義で、もう一人は楽観主義の子を別々の部屋に置いた。

悲観主義の子は、想像力に富んだおもちゃが一杯のカラフルな部屋に置かれ、楽観主義の子は馬糞に満ちた部屋に置かれた。

最初の子は、しばらくの間、部屋で遊んでいたが、すぐにおもちゃに飽きて、またすぐに壊れるといって、部屋から出たいと言った。

一方、若い楽観主義の子はすぐにドアのところに来たが、出たいという代わりに、シャベルを貸してと言った。

勿論、研究者は、その子に何故シャベルが必要なの?と尋ねた。

彼女は答えた。
「こんなに馬糞まみれなんですもの、きっとどこかに仔馬がいるに違いないわ!」

-作者不明-

人はどんな環境に置かれているかが問題ではなく、今置かれている環境をどう眺めるかが大事だと、シンプルながらわかりやすく面白いストーリーでした。

※このほかにも執事の話シリーズを書いていますので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)