スロージューサー(ヘルシオ ジュースプレッソ)でにんじんリンゴジュースを作ってみました

シャープ ヘルシオ ジュースプレッソ レッド EJ-CP10B-R
我が家では、高価なスロージューサーは手が届かず、お値ごろ価格の高速ジューサーを購入しましたが、私の実家にはなぜか、あまり使ってもないのにスロージューサーが導入されていました。

スポンサーリンク

当時、3万円程度で購入したというシャープ ヘルシオ ジュースプレッソ レッド EJ-CP10B-Rです。今、Amazonでは新品でも2万ちょっとで買えるんですね。この辺からも新発売に飛びつくよりも型落ちになる頃に安価なものを買った方がずっとお得なのがわかります。

さて、実家に立ち寄ったついでに、せっかくなので出番の少なかったスロージューサーでにんじんりんごジュースを作ることになりました。
以下のように、排出口が二つあり、絞りカスとジュースが分離してでてくる構造です。受ける器が大きくてうれしいですが、場所がとられるのが欠点でもあります。
ヘルシオ ジュースプレッソ レッド EJ-CP10B-R

材料はちょっと小ぶりな人参5本とリンゴ2個で、大体5人分くらいを作れれば良いかなと。
にんじん5本りんご2個

Sharp製のスロージューサーは縦長な形状をしてますが、その分、材料投入口が結構細いです。切り刻み方に少々工夫が必要でした。人参1/8だと入りません。
ヘルシオ ジュースプレッソ レッド EJ-CP10B-R材料投入口

スロージューサーと名はつくものの、それなりの速度でジュースは出来上がります。
ジュースとカスを分離

結構な分量できましたが、コップ4杯分でした。
コップ4杯分

新鮮なジュースを鮮度あるうちにいただきます。高速ジューサーで絞ったものよりやや透明度が高い感じ(うすい感じ?)です。
鮮度抜群にんじんりんごジュース

さて、お味のほどは、、、

高速ジューサーでつくったものとさほど変わりません。。。
というか、微妙に薄い感じもします。
あと高速ジューサーで作った場合も微妙にじんじんのカスが入るときがあるのですが、こちらのほうが入る頻度が多い気がします。

子供たちのジュースの減り方こそが全てを物語るのですが、高速ジューサーで作ったものは一気飲みするのに、こちらはやや残し気味。
(時間はかかりましたが全部飲みました。)

最後に、メンテンナンス面ですが、こちらは結構大変でした。こすってもこすってもなかなかカスが取れません。この辺もやはり型が新しい方が良いのでしょうか。
ヘルシオ ジュースプレッソ レッド EJ-CP10B-R メンテナンス

以上、メーカーや発売年度も違うので、一概にスロージューサーと高速ジューサーとを比較することにはなりませんが、あえていうなら最新型の方が、より改良が加わっており、性能は良い気がしました。価格はその分高くなるので、お財布とも相談ですが、個人的にはメンテナンス性は結構重要な要素で、長く飲み続けるのにはポイントとなります。ここでつまずくとお蔵入りがきっと早くなるでしょう。

我が家で使用中の高速ジューサーはそういう意味では結構優れものでオススメです。
高速ジューサーMJ-H200-Rでニンジンりんごジュースを作ってみました

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)