ヒマラヤ岩塩の種類と使い方と効果について調べてみました

Rock salts
料理をする際、最も重要な調味料は「」です。(ドーン!と言い切ります。)せっかく使うなら最高の素材へとこだわってみたいものです。
今日は塩の中でも、「ヒマラヤ岩塩」についてネット上に溢れかえっている情報をあらためて整理し、その使い方や効能についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

ヒマラヤ岩塩の種類

まずは形状として、ロックタイプ、粒状、粉末と大きくわけられます。
  

グラムあたりの価格はそれほど差はありませんが、扱っている業者次第で法外な値段を設定しているので、気をつけましょう。
目安として1㎏あたり500円~1,000円のレンジであれば問題ないと思います。(安すぎもちょっとコワイ。)

色も硫黄などの成分含有量で、ピンク、赤、紫、黄色、青、黒色、透明色等、多様に変化します。

ヒマラヤ岩塩の使い方と効果

  • 食用として
  • パウダー状や粒状であれば、そのまま調味料の塩として使えますし、プレートタイプの上で松坂牛を焼くなどの贅沢な使い方もあります。

  • 入浴剤として
  • サウナなどで、塩を体に擦り込んだりしますが、発汗を促す作用もあり新陳代謝がよくなります。肌を引き締めるので湯冷めしません。全身スベスベになり気分爽快です。使用する塩の量によっては刺激が強すぎる場合があるので、くれぐれも注意しましょう。

  • 石鹸として
  • 界面活性剤などを使用していない天然の成分が何よりの魅力です。古い角質をおとして、塩の殺菌作用で洗います。歯磨きにも使用でき、歯茎をひきしめます。

    以上はベーシックな使い方ですが、ほかにも面白い使い方がります。

  • ソルトランプ
  • 海外では割と有名な使い方ですが、巨大な岩塩をくりぬいて、ランプとして使います。
    インテリアランプとしてだけでなく、カラーヒーリングとしてのアロマテラピー的にも使われます。疲れ目や精神的な癒しの作用も期待できます。

    Rock salt lamp

  • 除霊(笑)
  • あんまりハマルと、むしろ変な霊を呼び寄せてしまわないかと心配になりますが、塩は昔から、清めの塩としても使われ来ました。
    邪気を吸収するとか、スピリチュアルとかパワーストーンとか、まぁそういうの好きな人には最強のアイテムの一つではないでしょうか。ロックタイプを玄関先に置いておくと、悪い霊が来たときは表面が解けるそうです(実験中)。掃除のとき、フロアにばらまいて掃除機かけると、空気中の汚れも吸着してくれてものすごくスッキリします。

    おまけ

    最後に、ヒマラヤ岩塩の使い方の一例となる動画がありましたので、紹介します。
    岩塩プレート焼肉の動画

    http://www.youtube.com/watch?v=JkrrfwH_OLM

    ううっ、あまりにうまそうで行ってみたくなってきました。
    (千成の回し者ではないですよ)

    って、Amazonさんでも販売してるんですね。今度試してみようかな♪

    以上、まとめてみましたのでご参考に。

    スポンサーリンク


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)