歯磨き粉をやめたら、口臭消えたけど歯が黄色くなった件

賛否両論いろいろありますが、ちまたでは歯磨き粉不要論もあり、私も歯磨き粉を使うのをやめてかれこれ2年になります。

"Do you floss?"



スポンサーリンク

歯磨き粉不要論とは?

歯磨き粉に含まれる成分をよく見ると、研磨剤、漂白剤、発泡剤など人体にとってこれら人工物は決して良いと言えません。
唾液が一番の歯磨き剤と言われたりもするように口内の常在菌など口が本来備えている健康維持機能を発揮すれば虫歯にならないというものです。
そればかりではありません。歯磨き粉を使用することで口腔内の常在菌のバランスも悪くしかえって口臭の元となるのです。

最近売れ筋のハブラシにKiss Youというものがあります。
これはイオンの力で口臭予防とあるのですが、何のことはない、歯磨き粉の使用をひかえることを推奨している歯ブラシなのです。
実際私は最初このKiss Youから試してみました。歯磨き粉の使用をやめるとすぐに効果が出ます。
三日もすれば口臭が消えていき、この歯ブラシすごっ!と思ったのですが、他の歯ブラシでも歯磨き粉を使わないと同様の効果が得られました。

要するに、歯磨き粉使わないなんて不潔…と思ってしまう私たちの一般常識を、イオンの力でという触れ込みで説得しているところがこの商品の真の力だと思います。

というわけで、私はもうかれこれ2年も歯磨き粉不使用の生活ですが、お陰様で口臭に悩まされることはなくなりました。

しかし、この方法にも弱点があります。
タイトルの通りですが、しばらく歯磨き粉不使用の生活を続けていると葉が黄色くなっていきます。
メラニン色素が付着するということですが、定期的に歯科健診にかかりクリーニングしてもらうことが推奨されています。

わたしも定期的に歯医者に行ってたのですが、子供が産まれて以来、思ったようにスケジュールが組めなくなって、ついつい後回しになっていました。
歯科に行かずとも、この黄色加減とれないかな?と、たまたま何かの景品でもらったデンタルスティックという名の商品を試してみたところ結構効果がありました。(Amazonで見かけることがなく、全く知らない方の運営しているサイトですが、こちらで取り扱っているようです。)
※歯が白くなるというよりは、黄ばみを落として、歯が持つ本来の自然な色に戻すという感じです。歯が黄色くてこまっている方、一度お試しあれ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)