病名のつかない病気

先日から、1週間ほどでしたが原因不明・病名不明の病気で苦しんでおりました。
ようやく回復してきたので、忘れる前に記録を残しておきたいと思います。

スポンサーリンク

その週の前半に長女がインフルエンザAの診断を受け、妻も妊娠中でしたし、インフルにかかりにくい私が積極的に介抱していました。
水曜日の夜に若干の頭痛感を覚え、風邪気味かな?と思いその日は早めに休みました。
すると翌朝37度代の発熱があり(といっても37.1℃)、頭痛もやや強くなってきていたので、これは娘のインフルが映ったかもと急遽、近所のクリニックでインフルエンザの検査を受けに行きました。

結果、インフルエンザ検査キットには反応せず、症状が出てまだ初期すぎるから反応しないだけでインフルの可能性が高いと診断されました。とりあえずロキソニンだけ処方してもらい、午後発熱がひどくならないか家で様子見となりました。
(実は明け方の段階で娘に処方されていた粉末のタミフルを念のため飲んでいたのでそれが起因してインフル検査キットへの反応が遅れていたのかな?と自分としても納得していました。娘は嘔吐があったので粉末タミフルは結局飲めずに、吸引型のプラスチックケースみたいなやつに切り替えていたため粉末タイプは家に余っていました。)

そして午後になっても特に私の身体に変化はなかったのですが、夜間に急激に頭痛がひどくなり、とても眠れないレベルでした。
吐き気もひどく、結局5-6回嘔吐しながら、苦悶の夜を越えました。

翌朝、改めて近所のやや大きめの病院で受診し、インフルの検査はやっぱり陰性。頭痛が収まらないので脳のCTスキャンを受け、吐き気止めと痛み止めの点滴を打ちました。CTスキャンの結果は特に異常が見られず、このまま痛みが収まらないようなら脳神経外科のある総合病院を受診するように言われました。

この日の夕方かなり頭痛もすっきり治ってきて、このまま回復に向かうかと思われたのですが、夜になると再び痛みがひどくなり、またしても一睡もできない状態が続きました。(食べられずに吐くものもなかったのと、吐き気止めの薬もあったので、嘔吐はありませんでした。)

翌朝(土曜日)、総合病院の急患に電話しても脳神経外科など専門医の先生は土日は不在で、市で当番制となっていることが判明。
そしてその日に当番となっていた脳神経外科の病院へ行くことに。(念のため歯からくる頭痛も疑い、歯科医で先に検査しておきました。左上奥歯あたりが結構痛かったので処置してかぶせものの中で虫歯になっていないかとレントゲンも取ってもらいましたが、歯は全く異常なし。当分歯医者にかからなくてよいとほめられました。)

脳神経外科までタクシーで片道3,500円もかけながら息切れ切れの中、向かいました。CTスキャンのデータを見てもらっても特に異常はなく、やはりインフルなのではないか?と改めてその場でもインフル検査(ここでは両鼻から採取)しましたが、やっぱり陰性。
結局MRIを取ることに。

人生初のMRIでしたが、熱の中やるのは相当きつくて、終わった後も熱がさらにあがって死にそうな思いでした。
結果、脳卒中や脳腫瘍など怖い病気の様子もなく、脳に異常は見られないとの回答。

それはそれで安心できたのが高いお金を払ってまで検査した甲斐でもあります。
結局高熱から頭痛が来ているので、座薬を入れて熱を冷ませば、マシになると思われるということで座薬投入。

しばらくして確かに少しは落ち着いてきたので、また様子を見て、悪化しそうだったら内科に行くことになりました。
日・月と夜中の眠れないほどの苦痛はなくなり、たまに痛みで目を覚ます程度まで収まってきました。
このとき、痛みが今まで脳全体で感じていたものが、左顔面部に移動してきているのを感じました。

左上奥歯が痛いというのはまさに顔の左部位へ痛みが移動していたためで、そのほか左あごや口内、唇、舌、耳、などあちこちに痛みが暴れまわっていました。ヒリヒリというかジリジリという感じで普段できない部位にできものができたり、体が病と闘っているのがよくわかりました。

火曜日になり、最初にCTスキャンを取った内科に行って、状況報告と今後について相談したところ、内科と言ってもその先生は心療内科が専門で、そこから外れると正直わかりませんと、割と冷たいというか、自分の身を守る対応でした。見たこともない症状で、下手に自分が請け負っていても責任負えないためか、早めに総合病院で内科で見てもらい、おそらく神経内科の領域などにルーティングされるのではないかという見解でした。(病名としてはヘルペスとか三叉神経痛などが疑われる)紹介状を書いてもらうこともできましたが、その場合、予約も一緒に行うこととなるため、むしろ明日受診したいという要望に応えられない事態も起こるということでした。

とりあえず痛みの程度自体は収まってきているので、このまま回復するなら、これ以上、無駄に医療費かけたくないこともあり、自然治癒力で様子を見ることしました。(CTスキャンやMRIの検査やると1万近く平気で飛んでいきました。)

いまとなっては初めから総合病院に急患で駆け込んでおくのが正しい道だったのかもしれません、その時は、家から1分の場所にある病院に歩いていくのが相当キツイ状況でした。本気で救急車で運んでもらおうかと思いましたが、嘔吐の後少しすっきりするのでそのタイミングに自力で歩いていきました。

結局、原因も病名も不明ですっきりしないところではありましたが、改めて各病院の役割や対応についてもいろいろ考えさせられる経験となりました。後は生命保険ももう少し真剣に考えた方がいいかなと。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)