英語のスピーキングの際の文法を効果的に習得する方法

YouTubeからときどきメールでサジェストされる動画の中に、なかなかこれはと思った英語学習動画がありましたので紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=ZFZI3qj3vvg

そもそも文法は勉強するな、といわれることが多いのですが、
ここで紹介されているのは「Point Of View Stories」という方法で、とても効果的な学習方法に思えました。

スポンサーリンク

要約すると、
とてもシンプルなストーリーをひとつ記憶して
それを
1.過去形で語る
2.現在形で語る
3.未来形で語る
4.自分が主人公となって語る

ここで大事なのは、ストーリーそのものを覚えておいて、光景が頭の中で記憶できていること。
同じストーリーを4パターンで繰り返し練習すると、自然と文法は身についていく。

これはなかなか的を得たトレーニング方法だと思います。

実際、英語を話すとき、文法を考えながら話すと、流暢さが失われます。
そうかといって、流暢さ重視でいくと、時制とかめちゃくちゃになって素人くささが残ります。

この方法なら、自然に文法の使い分けが身についていきそうです。重要なのはシンプルな同じストーリーを使って練習すること。話が毎回異なるものだと、文法の部分以外に気を使わないといけなくて、効果的に練習できなくなるからです。

いい方法を知ったので、さっそく取り組んでいこうと思います。YouTubeに感謝。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)