「英語で考える」を身に着けたら流暢に話せるようになる

留学してた頃、頭の中で考えるすべてのことを英語で考えることに挑戦したことがありますが、ものすごい疲れる&考えがすっきりまとまらなくなるという事態が起こり、断念した勉強法。この動画で紹介されているようにステップを踏めばよかったと今更後悔しています。

https://www.youtube.com/watch?v=DxEmXDtf_R8


スポンサーリンク

大きく4つのステップに分かれているのは以下の通り

レベル1:個々の英単語
生活の各シーンにおいて、目に見えるものの単語をどんどん英語化していく。

(例)
朝起きたときは「bed」「toothbrush」、「bathroom」、「banana」、「coffee」、「cloth」、「shoes」
仕事に行くときは「car」、「job」、「company」、「desk」、「computer」、「pencil」、「colleague」、「boss」など。

レベル2:英文を完成させる
続けて、今度はセンテンスとして完成させるまでを頭の中で考えます。

(例)
お昼の時間なら、「I'm eating a sandwich」「My friend is drinking soda」、「This restaurant is very good」
テレビを見ているなら、「That actress is beautiful」、「The journalist has black hair」、「He is talking about Politics」など。

レベル3:機能的英語
次は、生活に必要な用事をすますための英語を考えます。これらの英語は実際の生活でも役立ちます。

(例)
「How would you buy a train ticket or order a drink in an English speaking country」、「A Round trip ticket to Central Station」

レベル4:英語のストーリーを語る
話すのに長い時間かかる英語のストーリーを頭の中で考えます。英語を話す友人に一から説明するのをイメージしながら。実際に話すわけではないので、リラックスしてゆっくり考えられます。

練習しながらわからない単語はメモしておいて後で辞書を調べるようにして少しずつボキャブラリーを充実させていきましょう。
いきなりハイレベルなことをすると続きません。
出来るレベルのステップから楽しんで始めていくといいでしょう。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)