私がB型インフルエンザにかかった時の症状(体験談)

先日、人生で初のインフルエンザにかかってしまいまして、家族をはじめ、職場の同僚から友人まで多くの方にご迷惑をおかけいたしました。

タミフル

その時、ネットで色々調べようとしたら、なんだかいい加減な情報もたくさんあって、医者でもなければ、本人が罹患したわけでもないのに、検索結果に大量に溢れていて邪魔くさく感じました。

私も専門家でも何でもないですが、自分自身がかかった者として、その体験談をなるたけ詳しくまとめておこうと思います。参考程度のお話としてお読み頂ければ幸いです。


スポンサーリンク

とある日の月曜日の夜、思えば、この日に予兆がありました。

食欲が無くなる

昼に久しぶりにとんこつラーメンを食べたのですが、夜になっても何か胃に残留感が残っており、食欲がわきませんでした。寒い日だったので、とんこつスープを最後まで飲み干したのがまずかったか?と、さほど気にはしてませんでした。

翌朝火曜日、少し熱っぽいなと感じ、検温してみると36.7℃でした。
まぁまだ許容範囲かと思い、普通に職場に向かいました。

悪寒

少し咳がでていたので、マスクを着用して職場で普通に働いていましたが、何だか寒気を感じはじめ、これはちょっと体調不良で早退するかもと冗談交じりに同僚に話していましたが、本当に早退することになりました。
帰り道がやたらと寒かったのですが、家に帰ると妻が部屋に加湿器と暖房をつけて、すぐに休めるように計らってくれていました。
しかし真の悪寒は、家についてから始まりました
形容するのが難しいですが、それはあたかも
「心臓の奥から凍りつくような冷気が全身に広がる」
といった感じでしょうか。
がちがちブルブル震えながら布団に潜り込み、しばらくすると暖かくなりますが、布団から出ると再び悪寒が。
とにかく体温調節が完全に狂ったような状態でした。

ちなみにその夜は熱があがり、最高39.5℃を記録しました。

これはさすがにインフルかも?

と感じ、明日の朝一で病院行こうと、ひたすら布団の中で横になっていました。

関節痛

とにかく、これには大変困りました。
横になって寝ていても、節々が自分の体重を支えられない感じで
目を覚ますたびに負荷のかかった部位が悲鳴をあげているのです。
水に濡らしたタオルをおでこに載せていたのですが、やけに重く感じました。
また、枕を使わない方が楽でした。

熱が上がったり下がったり

翌朝の水曜日、多少、体調も回復したので、シャワーをあびて、開院時間の9時すぎにすぐに診察。
問診表を書いている間に検温すると、36.6度
あれ?そんなものかな?
と思いつつも、医者からはインフルでそんなにすぐに熱が下がるのは珍しいとのこと。時期も時期なので、鼻水採取で検査してもらうと
B型で陽性の反応。
服用について注意深くタミフルの説明をうけ、薬局へ向かう。
薬局ではA型ですか?と聞かれて、いえBですと答えたら意外な顔された。
Bってめずらしいのかな。

とりあえず早速タミフルを入手できたので、高熱の症状が出てから一応24時間以内には服用できたわけです。(※48時間以内でなければ意味が無いといわれている。)

タミフルとかリレンザとかの抗インフルエンザ薬はインフルエンザウイルスをやっつける薬ではない。それらは単にインフルエンザウイルスの増殖を抑える薬インフルエンザか!?熱が出たら一日待て。

こちらの記事によると、インフルエンザは完治まで5~7日かかるところ、タミフル服用で1~2日で治せるとのこと。

ちなみに、家に帰って検温すると38.5℃、翌日も37.1℃~39.3℃のレンジで変動を繰り返しました。
熱でしんどい時のためにカロナール(解熱剤)も処方されていましたが、解熱剤を使用すると熱が長引くと聞いていたので、使っていません。

※ここから先は、私の身体に起こった症状ですが、必ずしもインフル起因とは言い切れませんので、参考程度としてください。

肘裏、膝裏にブツブツが出来て痒い

木曜日になると、食欲も少しずつ回復してきて、これまでヨーグルトとかしか食べてなかったのから、うどんやお茶漬けを食べるようになりました。
しかしこれまでに起こらなかったかゆみという症状が出てきて、結構つらかったです。
ただ、これがインフルエンザ起因かどうかはわかりません。単に寝汗をかいて、布団の中でダニが活性化したのかもしれません。
寝るたびに、発汗の周期があって、出るときは大量に汗がでます。
不思議なことにかゆみのスポットは肘裏と膝裏という2箇所なのでした。

咳と喉痛

検査を受けて帰った日(水曜日)の夜くらいから多少咳がひどくなっていました。
咳をすれば当然、喉に負担がかかるので、痛みが起こります。
しかし幸いにも咳はそんなに続かず金曜日には痛みも一緒におさまってきました。多くはありませんでしたが、鼻水が緩みやすいタイミングもありました。このあたりは普通の風邪でも起こる現象といえます。

まとめ

結局、熱が下がり関節痛が収まるまで丸5日かかっており、タミフル意味あったのか?といささか疑問を覚えましたが、いずれにせよ完治まで1週間はかかると見たほうが無難のようです。(実際は体力の回復まで2週間かかりました。。。)

誰でも自分の症状って、何型のインフルエンザなのか?について気になるものだと思いますが、私は上記のような症状でB型でした。でもだからといって、対処法が変わるわけでなく、ひたすら静養なのですが。。。

以上、ご参考までに。


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)