食パンの一斤って、結局どれくらいのサイズ(大きさ・重さ)なの?

Bread

食パンの重量を1斤(きん)、2斤……と数える。これは尺貫法の斤から派生した「英斤」(120匁=450g)に由来する。
ただしパンの重量を均一に製造するのは困難であるため1斤の重さは350~400グラムとするのが一般的であり、製パン業界の公正競争規約では340g以上と定められている。
スライスする前の棒状の食パンは1本、2本と数え、スライスしたものは1枚、2枚、または1切れ、2切れと数える。

Wikipedia

答えを書いてしまえば簡単なのですが、実はこれにはちょっとトリックがありまして、
一斤というのは本来は600グラムの重さを指す指標なのですが、食パンが普及するきっかけとなった外来品から、当時は、食パンの焼き型はアメリカやイギリスから輸入しており、これで作った食パンが一般的に流通しました。そのため1斤(340グラム)の重量として扱われるようになったんですね。
参考:農水省

一斤という重さは600グラムなのに、食パンだけ違う重さで一斤と使われるようになったんですね。これはややこしい。

ちなみに気になるカロリーはこちらでわかりやすく紹介されていました。

食パン1斤は、350~450gです。(1斤のカロリーは、924~1188kcal)

成人が一日に必要とされる接種カロリーは以下が参考になります。性別、年齢別、運動量などによって分けられててわかりやすいです。
成人の1日に必要なカロリー(エネルギー量)

ちなみに私の場合は一日に必要なカロリーが2300Kcalなので、まぁ2斤くらいはいけるかな。
(ジャムとかつけたら別ですが・・・)

こちらもいかがですか(Amazonベストセラー商品)

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)