Amazonで購入キャンセルしたときの話

amazon01
最近、Amazonにお世話になる事がますます増えております。マイナーなものを買いたいときは正直リアル店舗ではほぼ手に入りません。
こちら、いつもは2千円近い価格で取引されているゾゴックのプラモデル。タイミングよく随分お安く買えました。


スポンサーリンク

最近よく使っているAmazonの欲しいものリスト。今すぐ買うのでなく類似品も含めて検討対象としてピックアップするのに便利です。このリスト、便利なのが追加したときと比べてどれくらい値下がりしているのか一目でわかります。欲しいと思ってもすぐに買うのでなく、急ぎでなければしばらく待っているとずいぶん安くなる時があるのでなかなか重宝しています。
amazon02

実は、同じ商品を2週間くらい前に購入しようとしました。その時は1377円で、随分安い、これはチャンスと思いました。
amazon04
しかし、よくみると配送料+400円とあり、合わせると1777円ということで、なんだか元値とあまり変わらないなと感じました。ま、それでも100円くらい値下げになっいたのでポチっと1-click購入を。1777円って数値も縁起よさそうだし。
amazon05

と思ったところ、こんな明細が。
amazon03

なんで1777円じゃないんだ?と思ってよく見て見ると配送料・手数料で450円となっています。
これだともとの値段からするとほとんど変わらなくて、単に値下がりしているように見せてるだけの詐欺商売じゃん。

金額にして50円の差額でしたが、なんだか騙された感が大きくて、不愉快だったので、すぐにキャンセルしました。
その後2週間したら、冒頭の値段で買えたので結果としては大ハッピーな展開となったのですが、改めて買い物するときの満足度って結構大事だと感じたのです。同じ値段で買えたとしても高いと思ったものが少し値引きしてもらえていた方が、安いと思ったものが値上がりするより、ずっと気分がいいはずです。

ちょっとした出来事でしたが、購入者の期待感と現実の見せ方についていろいろ考える出来事でした。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)